ユネスコ無形文化遺産 鬼とだんじり

中町 其神山・葵鉾(きしんざん・あおいぼこ)

高く、ひときわ勇壮な姿

宝暦9年(1759)に其神山が造られました。その後改築等を経て現在に至っています。見どころは風格ある大型の屋根です。鬼瓦には頂部に雲と宝珠、両流れに精巧な竜の彫物を配しています。高さもあるためひときわ勇壮で大変素晴らしいだんじりです。

後の扁額に新古今和歌集の歌「いかなれば そのかみやま(其神山)の あふひぐさ としはふれども ふたばなるらん」が彫り込まれています。「其神山」は上賀茂神社枕詞で「葵草」は賀茂祭の葵蔓で「いかなれば」の起句を伊賀と結びつけ、だんじりの名を付けたといわれています。

だんじりのつくりなど

鬼板
雲に宝珠。龍の彫り物、破風尻(ひさし全体)で飾りつけ。
屋根
てり破風。二重垂木(にじゅうたるき)
天井
切こまの百花図
天幕
群鳥(刺繍)
前幕
山水に麒麟(刺繍)
水引幕
百花群芳図
胴幕
陶淵明(とうえんめい)帰去来の図、林和靖(りんなせい)山園小梅の図(綴織)
後幕
呉道子龍を描く図(刺繍)
見送幕
牡丹・孔雀・松(錦織)
囃子
祇園囃子

しるし「菊慈童(きくじどう)

現存する上野天神祭のしるしで圧巻。享和2年(1802)菅公九百年を契機として作られた伝えがあります。

しるしの見送幕は中国明時代(1368~1644)の官服で作られたといわれます(群青、赤、黄、紫等々の真向きの龍の蝦夷錦)。以前はだんじりの見送り幕でした。

だんじり蔵の場所