行事日程

祭りの日程は、10月25日までの直近の日曜日にメインイベント「神幸祭」があり、前日と前々日を含め3日間です。3日間の行事日程は次の通りです。

金曜日 宵山2018年10月19日 / 2019年10月18日

晩のだんじり

午前10時30分から、だんじり会館に展示されていた3基のだんじりが曳き出され自町に帰り展示されます。他町のだんじりも、昼すぎには楼車蔵から曳き出され、9基のだんじりが城下町の本町筋・二之町筋の各町に展示されます。

夕刻にはだんじりに飾られた、雪洞・提灯に灯がともされ、祇園囃子が奏でられ、お祭り気分を盛りあげます。午後9時ころ各だんじりは楼車蔵へ収納されます。

各町のイベント

2018年10月19日(金)

日中
鬼町(相生町・紺屋町・三之西町・徳居町)にて鬼面展。江戸期に製作された貴重な面などが展示されます。
10:00~夕刻
魚町の集議所にてギャラリー開催。
10:00~16:00
小玉町にてだんじり体験乗車。
18:30~20:30
新町にてだんじり見送り幕をライトアップ。
19:00~20:00
だんじり町(西町・向島町・鍛冶町・魚町)にてお囃子演奏。
  • ※順次更新

土曜日 足揃えの儀・宵山2018年10月20日 / 2019年10月19日

悪鬼

午後2時から4時まで、鬼行列がほら貝と太鼓の音とともに三之町筋を練り歩きます。大御幣や悪鬼そして伊賀流忍者の元祖といわれる役行者が登場します。ひょろつき鬼が続き、最後に鬼たちを従えた鎮西八郎為朝が現れます。午後の三之町筋は比較的ゆっくり見物でき、観光客にとって絶好の穴場です。

だんじり
夜のだんじり

だんじり昼の巡行は、午後1時から4時ころまで行われ、本町筋の4基は連なって巡行、二之町筋4基 新町の1基は自町と銀座通りなどを曳行されます。

夕刻の午後6時からは、ローソクの明かりがともった提灯を揺らしながら、だんじり4基が本町通の西に集結し、連なって東へ巡行 上野天神宮前へと向かうさまは壮観です。二之町筋4基 新町の1基も自町巡行と共に人混みの銀座通りを、提灯を揺らしながら曳行されます。銀座通り交差点付近は宵山巡行のだんじりが行き交い見どころポイントです。 明日の神幸祭(本祭り)へ向け 午後9時にだんじり蔵へ収納されます。

各町のイベント

2018年10月20日(土)

日中
鬼町(相生町・紺屋町・三之西町・徳居町)にて鬼面展。江戸期に製作された貴重な面などが展示されます。
10:00~12:00
小玉町にてだんじり体験乗車。
18:30~20:30
新町にてだんじり見送り幕をライトアップ。
  • ※順次更新

日曜日 神幸祭(本祭の巡行)2018年10月21日 / 2019年10月20日

鬼たち
ひょろつき鬼
だんじり

神幸祭の行列は、午前9時ころ、城下町の東端『東の御旅所』(上野車坂町)から出発します。

神輿行列を先頭に、鬼行列、9基のだんじりが続きます。菅原神社の神輿行列が巡行されるのに続き、大御幣を先頭にほら貝と太鼓の音とともに鬼行列が続きます。堂々とした足運びの鬼や、ひょろつき鬼が子どもを泣かせたりする場面は昔からの習わしです。

続くだんじ行列のお囃子は祇園囃子が中心ですが、それぞれの町で独自の曲も奏でます。江戸の文化を反映し贅を尽くした幕をと共に、ご堪能ください。わずかな方向修正は梃子(テコ)にて行いますが 十字路での方向転換はだんじり下部にある、方向万力を使い、ぐるりと回す、見せ場が続きます。

行列は午前・午後と一日かけて伊賀上野の城下町を巡り、400年の歴史を十二分に感じさせてくれます。

各町のイベント

2018年10月21日(日)

日中
鬼町(相生町・紺屋町・三之西町・徳居町)にて鬼面展。江戸期に製作された貴重な面などが展示されます。
紺屋町にてオリジナルTシャツ等を販売。
徳居町にて携帯ストラップ・ポストカードを販売。
14:30~15:00
鍛冶町にてふるまい。午後巡行で集議所到着時、先着100名にふるまいを手渡し。事前に引換券配布をします。
  • ※順次更新

鬼蔵・だんじり蔵の場所と神幸祭の巡行ルート(鬼とだんじり)

  • 鳥居のアイコン 神社
  • 御幣のアイコン 梅のアイコン 鬼蔵
  • 楼者のアイコン だんじり蔵
  • ※上記地図に記されたルートは【神幸祭(日曜日)】の「鬼・だんじり」行列です。【足揃えの儀(土曜日)】の「鬼」行列と「だんじり」各基、【宵山(金曜日・土曜日)】の「だんじり」各基はそれぞれ別のルートとなります。
  • ※神輿行列は「西旅所(にしのおたび)」まで向かいます。